無理なく禁煙

禁煙で一番辛いのは、ニコチン切れによって禁断症状が出ることでしょう。
タバコが止められなくなるのは、ニコチンが受容体に結合するときに放出されるドーパミンが原因です。
ですから、タバコをなかなか止められないのは、意思の力が弱いというわけではありません。
依存症から抜け出すには、意思の力だけでは極めて難しいことなのです。
チャンピックスは、その無理をさせずに禁煙を補助してくれます。
そのメカニズムは単純で、ニコチンではなく主成分のバレニクリン酒石酸塩がニコチン受容体に結合することでドーパミンを少量分泌するというものです。
つまり、タバコを吸わなくても禁断症状を和らげることができ、同時に満足感を得られます。
その上ニコチンの結合を阻害しますから、タバコを吸ってもドーパミンが分泌されず、タバコを美味しいと感じなくなってしまうのです。
このように、チャンピックスは無理なく禁煙できるように補助してくれますから、禁煙の成功率も高いとされています。
しかし、薬ですから副作用が現れる可能性もあります。
現れても軽度なものだと言われていますが、中には便秘や頭痛、吐き気などで禁煙を断念する方もいらっしゃいます。
また、禁煙に伴う不安感や焦燥、イライラなどの症状が強く表れる場合もあります。
チャンピックスの服用で気になる症状が現れたときや、副作用で辛いときは、なるべく早く医師に相談して下さい。
副作用に気をつければ、禁煙を助ける治療薬として効果的に利用することができるでしょう。